info

まるみデパート
「町をまるっとデパートに!」

2016年12月10日

町の商店街に建つ古くて趣がある洋館建築。ここは大正7年に建造された個人医院の建物。2010年に梶高夫婦が保存と活用のために借り受け、リノベーションをスタート。2012年に町づくりの拠点「まるみデパート」としてオープン。カフェやナチュラルコスメなどの店舗営業や地域の取り組みについて情報交換できるイベントなどを開催している。町づくり会社(一社)みつぎさいこうの拠点でもある。

まるみデパートの「まるみ」とは御調町の旧町章の愛称のこと。写真の水色の旗にプリントされているものがそれだ。愛嬌のあるマークだったからか、大半の地元民(特に昭和世代)には「まるみ」で通用する。2005年(3月28日)の尾道市編入を期に「まるみマーク」は公式には使用されなくなっていたが、デザインが良いし活かさないのはもったいない!という想いから、これからの町づくりのシンボルとして復活させた。また「デパート」というネーミングには、町全体をデパートととらえ物だけじゃなく人も事もすべてを商品として発信していこう!という想いが込められている。

2016年2月から長期休業に入っていたが、2016年11月からシェアスペース機能を追加して再スタートきった。現在は月曜・火曜・土曜がオープン。もち肌化粧店も同日オープン。カフェはドリンクのみ提供している。

    関連記事

  • info

    尾道柿園

    干し柿作りのシーズン、菅野地区の前前後(まえぜんご)の山頂、尾道柿園に到着すると集落を彩る吊るし柿のカーテンが壮観な風景をみせてくれます。 前前後の串柿は、主に関西の商家や事務所にお正月の鏡餅の飾り用として出荷していました。 最盛期には4000本の柿の木がありましたが、機械化や鏡餅のコンパクト化などの時代の流れから 徐々に衰退を始め、ここ5〜6年で一気に需要が減りました。 衰退をはじめた干し柿つく...

    続きを見る
  • info

    しぶがき隊

    御調町菅野地区では串柿・吊るし柿の生産が盛んに行われてきた。約350年前、浅野長晟が広島に入城し、地方産業振興のため、荒れ果てた菅野に柿の木の多いことを知り、これを加工して農家の収入を図ろうとしたことに始まったといわれている。菅野は町の東部に位置し大部分が山林で占められた地域。昭和30年に1700人を超えた人口は現在400人あまりまで減少。串柿の生産を行う農家も減少。そんな中、柿の価値が見直され...

    続きを見る