case

ゆっくりふくらむ家族の暮らし

2019年5月3日

空き家利用

移住・農・地域
家族形態:5人家族(夫・妻・子3人)

尾道市内の飲食店で働きながら、御調町で米づくりをスタートした小林義治さん。
米作りを通して地域の人たちと関わりながら2012年に家族4人で御調へ移住(移住後3人目の男の子誕生)
最初は家族でアパート暮らしをしながら物件を探し、2015年に今の家(コンテナハウス)に移った。
小林さんは尾道市のとなり福山市出身。食に関わる仕事を通して米づくりに興味をもった。
妻の智華さんは長年パン屋で働きながら自分のパン作りも行っている。今後は小麦づくりにも挑戦したいという小林さん。
米作りをとおして地域を守っている人達や田舎暮らしを楽しんでいる人達に出会ったことで「自分も町の役にたつ働き方・暮らし方がしたい」と考えるようになり、仕事の退職を決意、新しい仕事・働き方の模索がスタートした。

kobayashi1

mtg1177
アヒルを使った無農薬の米作り

kobayashi2
こちらは玄関。中は意外と広くてモダン。

mtg1234

kobayashi3
長女のもっちゃん。小学校入学と同時にソフトボールクラブへ入部。元気もりもり。

kobayashi4

奥の庭にある離れ物件(平屋)
この家は町の商店街にある。商店街の土地は間口は狭いが奥に長いのが特徴。この物件も手前に住居、奥に庭と平屋の(写真)がある。小林さんは手前のコンテナ住宅を使いながら、少しずつ敷地の手入れをして暮らしている。

物件紹介

  • コンテナ住宅:2階建て・一部鉄骨
  • 1階:和室2間、広めのダイニングキッチン、小部屋、トイレ、ユニットバス
  • 2階:洋室2間、ベランダ
  • トイレ:様式水洗(下水道)
  • 水道:井戸水(深井戸)飲めます!
  • 給湯:ガス湯沸かし器
  • 駐車場:2台(庭)
  • 付属物件:コンテナ店舗、平屋、庭