みつぎ
空き家バンクとは?

御調の「空き家」と「地域」を大切にしてくれる次世代の担い手を広く募集し「人」と「町」を活性化していくことを目指します。

空き家バンクとは、御調町で暮らしたい利用希望者と空き家を活用したい所有者を結ぶ仕組みのことです。

→尾道市御調地区空き家バンク制度要綱

空き家バンクへの想い

いま日本は人口減少社会をむかえています。特に地方では高齢化・人口減少が問題視され、移住促進などの取り組みも盛んに行われています。
空き家は地域の安全や生活環境、景観などに悪影響を与えるうえ、人が住まなくなった家のいたみは早く、放置しておくだけでも固定資産税がかかるなど、持ち主にとって負担になってきます。
私たちは、ただ移住者が増えればいいとは考えていません。物件情報と共に地域情報も紹介しながら、御調町の暮らしについて知ってもらい、それを大切にしてくれる人を受け入れていきたいと思っています。
まだまだ空き家物件が少ない状況です。情報提供にご協力ください。

実施エリアについて

立地

  • 尾道市御調町エリア全域
  • 尾道市街から車で約30分
  • 府中市・福山市、三原市、世羅町と隣接

地区

  • 町内には、菅野・上川辺・市・河内・今津野・綾目・大和の7地区があります。
    上川辺・市・河内・今津野は、御調川沿いの比較的平坦な地域です
    菅野・綾目・大和は、山間部が多い地域です。
map-ok

→google mapで見る